スイッチ

“AI”の検索結果

Deep Intelligent Pharma(DIP)とは製薬会社の潜在的なニーズを引き出し、創薬プロセス全体を最適化するスペシャル集団

Deep Intelligent Pharma(DIP)とは製薬会社の潜在的なニーズを引き出し、創薬プロ…

Deep Intelligent Pharma(DIP)とは製薬会社の潜在的なニーズを引き出し、創薬プロセス全体を…

上記の問題を解決しようと動く、今話題のAIスタートアップがある。中国に本社を置くDeep Intelligent…

上記の問題を解決しようと動く、今話題のAIスタートアップがある。中国に本社を置くDeep Intelligent Pharma(DIP)だ。同社がかかげるのは…

分散型治験(DCT)とは医療機関への来院に依存しない地域に限定されない「次世代の治験システム」

分散型治験(DCT)とは医療機関への来院に依存しない地域に限定されない「次世代の治…

分散型治験(DCT)とは医療機関への来院に依存しない地域に限定されない「次世代の治験システム…

DCTとは:デジタル社会の新たな治験システム DCT(分散型治験)とは、治験参加者が治験実施医…

DCTとは:デジタル社会の新たな治験システム DCT(分散型治験)とは、治験参加者が治験実施医療機関に足を運ばなくても、一部または…

医薬品開発を効率化するAI創薬技術 国内外の最先端ベンチャー企業をピックアップ!

医薬品開発を効率化するAI創薬技術 国内外の最先端ベンチャー企業をピックアップ!

医薬品開発を効率化するAI創薬技術 国内外の最先端ベンチャー企業をピックアップ!

AI創薬の概要や創薬プロセスにおける活用領域などを解説した記事はこちら。 海外の注目ベンチャー…

AI創薬の概要や創薬プロセスにおける活用領域などを解説した記事はこちら。 海外の注目ベンチャー Insitro(本社・アメリカ) 参…

AI創薬とは何か?ディープラーニングとの関わりや活用領域などを解説

AI創薬とは何か?ディープラーニングとの関わりや活用領域などを解説

AI創薬とは何か?ディープラーニングとの関わりや活用領域などを解説

AI創薬とは:ビッグデータ時代の新たな創薬手法 新薬の開発は、一般に9~17年の期間と500~1000億…

AI創薬とは:ビッグデータ時代の新たな創薬手法 新薬の開発は、一般に9~17年の期間と500~1000億円の費用を要するとされている。また、…

医薬品開発における資料作成の効率化技術 国内外の最先端企業をピックアップ!

医薬品開発における資料作成の効率化技術 国内外の最先端企業をピックアップ!

医薬品開発における資料作成の効率化技術 国内外の最先端企業をピックアップ!

資料作成を効率化するさまざまな最新技術を紹介した記事はこちら。 海外の注目企業 ①Veeva Sys…

資料作成を効率化するさまざまな最新技術を紹介した記事はこちら。 海外の注目企業 ①Veeva Systems(本社・アメリカ) Veeva Syst…

医薬品承認申請 資料作成を効率化する最新技術とは

医薬品承認申請 資料作成を効率化する最新技術とは

医薬品承認申請 資料作成を効率化する最新技術とは

医薬品開発の流れと承認申請資料の作成 最初に、医薬品開発の流れを簡単におさらいしておこう。 …

医薬品開発の流れと承認申請資料の作成 最初に、医薬品開発の流れを簡単におさらいしておこう。 新薬の開発は、「①基礎研究→②非…